あれから、3週間がたとうとしています。

震災直後実家に一言だけ連絡があって、それいらい音信の途絶えていた妹家族のことが気がかりで、
何かしないとと焦るばかりで、住んでいる地域の情報だけでもと、ネットに張り付いていました。
5日後にようやく携帯の電話が繋がった時は、「つながった!!」と二人で喜びの声を上げました。


幸い妹家族は無事が確認出来。
黒川郡でも山沿いのの農村で、建物の損壊におよぶ被害も無くまわりのお宅と助け合いながら、
不便ながらも自宅で過ごす事が出来ていました。


でも妹家族の友達の中には、ご実家が海沿いの地域で、ご家族を無くした方多く
そおいった方が他にも沢山いらっしると考えただけで、辛くなるのですが
友人のみなさんが前向きに明るくしているとききました。

以来、
いったい自分に何が出来るだろうともどかしく考えながら、
悲しい話に涙し、勇気ある行動に涙し、優しい気持ちに涙していました。

近所のスーパーも、薄暗い店内で、商品のまばらなショーケース。
待ち時間が長く混雑している電車。
寒い時には暖房ではなくって、上着を着る。
無駄なコンセントはこまめに抜く
水道局のデータを見てから子供用の食事を作る。

でもやれば、苦にならずに出来るものです。

日常の有り様や心の止めておく事は変わりましたが、
大切にしていきたい事は、今までと同じです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本赤十字社 ( http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00002074.html )
を通じて、義援金を送らせていただきました。
今まで、Camphortree の 品物をお求めくださった方々からの、
売り上げを使わせていただきましたので、ご報告させていただきます。

日本赤十字社に関しまして、4月1日現在、まだ義援金を被災地におくることは
されていないようです。今直ぐにでも必要な物がある方が多くいらっしゃる事と思いますが、運送ルートを持っていない一個人としては、時間はかかるものの公平に被災地で役立てていただける機関を選びました。

これから先、まだまだやっていかなくてはならない事が、沢山あると思います。
私自身も出来ることを指定校と思います。

Camphortree では、募金を募る事はいたしませんが、もし、お願いできましたら、どんな形でも結構です。

上記の日本赤十字、
東京都  ( http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/joho/soshiki/shidou/shidou/oshirase/touhokutaiheiyoujishingienkin/ )
ユニクロ ( http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2011/03/031415_press_release.html )
全国のNHKの窓口
その他、各企業や地方自治、団体の窓口にて、義援金のご協力いただければと思います。
よろしくお願いいたします。




義援金や支援物資に付いてまとめているサイトがありました。
http://yukiyama.co.jp/quake/donation.html#
状況や時間の経過により情報が変わって来ると思いますので、ご参考として受け取ってください。

いろんな所で、皆さん募っています。
本当にいろんな方法があります、
きちんと流れを知りたい方も、恥ずかしいから気軽にしたい方も、街角の学生さんの気持ちも
きっと気持ちは一緒だと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
(残念ながら悪意に満ちた方がいらっしゃるのも事実です。
チョットおかしいなと思ったら「●●●でしたから、ごめんなさい。」も
はずかしいことではないと思います。
くれぐれもおきおつけください。)
[PR]
by camphor--tree | 2011-04-01 14:19 | ヒビノコト | Comments(0)