三島へ ー小旅行ー

a0123082_1651070.jpg

いつもの小田急線にズーット乗って、終点小田原まで。
小田原からは東海道線を乗り継いで、
真夏の日差しにキラキラ光る相模湾を眺めながら真鶴、湯河原を通り、熱海へ。
熱海で乗り換えて、長ーいトンネルを通って。
三島に到着しました。

a0123082_1651647.jpg

街の中に富士山を源にしたわき水が流れる源兵衛側が流れていて、
この川、川の中が飛び石の遊歩道になっていいます
水草や緑の木々のなか、冷たく澄んだ水のせせらぎの上を、歩く遊歩道。
真夏の暑さをがまんしていたからだにはとても贅沢で幸せな時間。
a0123082_1651427.jpg

足下見ないで歩けないんですが??
a0123082_16505781.jpg


小さな子どもから小学生や中学生もっと大きいかなと思う学生も、賑やかに水と戯れてます。
川の隣はすぐに民家で、専用の降り口がついた家も
こんな空間が生活の中にあるのは羨ましい。
a0123082_1651227.jpg


散策途中お昼に立ち寄ったのは、三島大社門前の鰻すみの坊大社前店
手頃なお値段のうな太郎丼 1500円と メニューを見て懐かしくなって思わず頼んでしまった、
鰻の骨のおせんべいを頂きました。
しつこくなくってふかふかの身の、さっぱりとってもおおいしい鰻。
丑の日の前日に鰻を食べるのは、久しぶり。
今年の夏はこれで大丈夫!
a0123082_1651213.jpg





a0123082_17111450.jpg
地元三島で活動されている(ミカサブックス)編集者のセキノツカサさんにご案内いただきました。
三島の楽寿園内の動物広場の書籍を出されています。
カッコいいとゆうのと違う、哀愁と愛嬌の混在した動物たちの生活を詳しく垣間みれます。
手軽に作れる動物モチーフの手作り雑貨のレシピもついていて、動物が恋しくなったら作りたいな。
行く人も行かない人も、動物さんが好きな方にオススメです。
昔は身近にあったそれぞれの地元の動物園。
二子に二子多摩川園遊園地があったころ、その昔はフラミンゴやクジャクが園内にいたりしました。
昭和の面影を思い出しましたよ。
楽寿園FB → https://www.facebook.com/rakujyuen?fref=photo&sk=photos
書籍のお買い求め → http://secue.info/shop/?p=86


a0123082_16505234.jpg

三島大社門前のTAISHANOMORI
http://taishanomori.jp
三島や三島周辺の企業やメーカーとコラボしたオリジナルメニューや雑貨が沢山
イベントもいろいろ開催。三島でしか味わえない物がいっぱいです

シカ小杜
TAISHANOMORI内の雑貨屋さん
三島周辺の作家さんとコラボしたオリジナル作品や、三島発祥文化を今楽しく使えるような企画や
富士山をイメージした雑貨など
https://www.facebook.com/shikagoya
南口を出て、国道一号線沿いに、おしゃれなSHOPFloyd 三島本店 
http://www.floyd.jp/shop/#■三島店
センスがいいオリジナルデザインの雑貨がいっぱいです。

続いてその先の イーリさん
http://iri-mishima.com/iri-mishima.com/Home.html
伝統工芸品や文化も今の生活にそうように、工夫しながらずっと使っていけたらと
同じ様にお話しさせていただいて、うれしかったです。
お手製のジンジャーエールを頂きました。添えられたレモングラスの葉がいい香りで、
暑さをいやしていただきました。
こうゆう心遣いやセンスもっと磨かなくちゃ。

古い文化と自然が生活の中に心地よく残っていてとてもすてきな場所でした
せっかくのご縁頂いたので、またお出かけするのを楽しみにしようと思います。
[PR]
by camphor--tree | 2014-07-29 17:48 | ヒビノコト | Comments(0)