【風呂敷バックの結び方】これができないとね、固むすび、真むすび

a0123082_18413324.jpg
これが、固むすび。
大切なものを入れる風呂敷バックを作るときは、解けにくいこの結び方がいいですよ。
引っ張ると結び目が硬くなるので、固むすびとか
きちんと結べてる正しい結び方だから、真むすびとか
色々な呼び方書き方があるようですがみんな一緒。
端の部分が、➕状になる結び方は、縦結び。
可愛いんだけど、これは解けやすいのでチョット包んで留めておきたいお弁当などに使うのがいいです!

a0123082_18383065.jpg
端っこを持って

a0123082_18384250.jpg
バッテンに重ねます。
a0123082_18385279.jpg
上のになってる方を下の方に巻きつけます。

a0123082_18391893.jpg
巻きつけたところ

a0123082_18395648.jpg
チョット引っ張ります
a0123082_18410016.jpg

a0123082_18411833.jpg
a0123082_18413324.jpg
完成です。

今回は、重ねた上を下にまきつけて行く結び方でした。
利き手によって重ね方が反対のこともありますが、どちらでも同じように結べます。
私は左利きなのでこの方がしっくりきてしまいます。
多くの方が結ぶとゆうのはどこかでやったことがあると思うので
あまり難しく考えず手を動かしてみて、出来上がりが➕になっていたら、
二つ目に重ねたとき逆だったとやる直すといいですよ。

固結びがきちんとできるようになったら
風呂敷バックを結んでみてください。
作り方はこちらから





[PR]
by camphor--tree | 2017-06-14 07:57 | フロシキ | Comments(0)