カテゴリ:革のもの( 3 )

Leather Brooch

幕張ののRuban de Tiaraさん へ向けて只今制作中の風景。。

25日には追加も店頭に並ぶ予定です。お近くの方はぜひ、お出掛けください。
お店のレイアウトが変わって写真もディスプレーされるそう。
どんな風になるか楽しみです。
作業写真を撮影したら、とっても夏っぽくて涼しげな絵になりました。

作業台の大理石と革を湿らせる霧の水滴。

a0123082_17210123.jpg

いろいろな形の刻印を使って絵柄を付けます。

a0123082_17213046.jpg

乾燥したあと,磨きをかけます。

a0123082_17442484.jpg


a0123082_17510079.jpg
都会のエッセンスを感じさせる空間の中、
いつも感動と夢を与え、何度でも来たくなるような
「コト」が発見できるお店です。

営業時間 10:00-22:00 
〒261-0024 千葉県千葉市美浜区豊砂1-1
TEL:043-306-7799 FAX:043-306-7792



ブログの記事は頻繁にできませんが

フェイスブックやインスタでは、日常の事を綴っています。

Camphortreeフェイスブック →   




素敵なフロシキの事お伝えしています

私のフロシキフェイスブック → 


インスタグラムは こちら → 


小屋女子計画 フェイスブック→ 
こやともweb新聞 → 







[PR]
a0123082_1691699.jpg


オーダーいただいていました、レザーバックパック(大人のランドセル)大を制作しました。
植物タンニンなめしされた、牛ヌメ革、革らしい暖かなキャメルいろです。
この革はきれいな透明感のある光沢が特徴。(写真3)
しっかりとした革を、1つ1つ全て手縫で仕上げています。(写真2)
型は、小柄な女性でもスッキリ見える、シンプルなリュックサックが、もとコンセプト。
より実用性がある、A4のファイルが楽に入る大きさに大きくしました。

使用した金具は、全て真鍮製です。(写真4)
革も、真鍮も使う人と一緒に艶も色合いも深まっていきます。
始めは硬い革も次第に柔らかくなって、使う方それぞれの使いかたで、シボやしわが深くなっていきますが
光沢も色合いも高まっていきます。
時間とともに、楽しんでいただけると嬉しいです。

取り扱い店舗 : UTOKU http:/cafeutoku.exblog.jp/i0/
製作についてのお問い合わせはこちらのフォームから→
a0123082_19223432.jpg






(写真2)革 上部
a0123082_1685983.jpg


(写真3)背面、持ち手
a0123082_169524.jpg


(写真4)真鍮の金具
a0123082_1681464.jpg





ブログの記事は頻繁にできませんが

フェイスブックやインスタではほぼ毎日、日常の事を綴っています。

Camphortreeフェイスブック →   




素敵なフロシキの事お伝えしています

私のフロシキフェイスブック → 


インスタグラムは こちら → 


小屋女子計画 フェイスブック→ 
こやともweb新聞 → 







[PR]
a0123082_12161709.jpg
革のカゴバック大、ができました。
カジュアルだけどしっかり実用的な可愛いカゴバックです。
A4サイズの書籍がらくに入ります。
以前のと基本はおなじですが、細かい所を見直したました。
実用的で使いやすくなりました。
仕上げは軽く全体に施して、カジュアルナ雰囲気。


a0123082_12245844.jpg
バックの口が止まるようになりました。

a0123082_12250126.jpg
内袋はそのまま物が出し入れ出来ます。スナップで留めで取り外しできます。

a0123082_12250548.jpg
内袋の色は(フラックスとブラックの2色)



お取り扱い店

CAFE UTOKU
coffee+bread+zakka

東京都町田市金井町2070-1
open:12:00~18:00(LO:17:30)
close:sun、mon


[PR]
←menuへ